イエナプランについて

イエナプラン教育の コアクオリティ

私たちが大切にする3つの「関係性」

自分自身との関係

1.1

子どもたちは自分の長所と短所を自覚し、自分の特性を活かしながら努力する。

1.2

子どもたちは自分の成長と発達を元に評価される。

1.3 

子どもたちは何を学びたいか、何を学ばなければならないか、いつ説明が必要か、どのように学習を計画しなければならないかについて、自分自身で責任を持つことを学ぶ。

1.4

子どもたちは自分の発達に対してリフレクション(振り返って見直すこと)を学ぶ。またそれについて他の人と話し合うことを学ぶ。

他者との関係

2.1

子どもたちは、異年齢グループの中で発達する。

2.2

子どもたちは、協働、助け合い、それらについてお互いの行動を振り返ることを学ぶ。

2.3

子どもたちは、ファミリー ( 根幹 ) グループや学校における調和の取れた共同生活について、誰もが自分らしく、また、豊かな生活を経験できるように、自ら責任を持ち、共に意思決定に参加することを学ぶ。

世界との関係

3.1

子どもたちは、自分たちが成すことは、生きた真正な(本物で現実の)状況の中に対するものであることを理解し、その中で学んでいくことを学ぶ。

3.2

子どもたちは、自分の周囲の環境を大切にし、責任を持ってかかわることを学ぶ。

3.3

子どもたちは、世界について識るために、ワールドオリエンテーションの中で、学校が教材として提供している学びの内容を適用する。

3.4

子どもたちは、リズミカルに組まれた日課に沿って、遊びながら、仕事をしながら、対話をしながら、また、共に催しに参加しながら学ぶ。

3.5

子どもたちは、自分自身の関心や問いから自発的に行動することを学ぶ。